ニュース
アルジェリア国内ニュース
読み物
日本とアルジェリア
人物往来
出来事
私とアルジェリア
私と日本
紹介
論文
センター概要
アルジェリア大使館関連
アルジェリア関連リンク
お問合せ

ニュース

風と砂と水が伝えたこと 〜サハラのハジ家100年の回想録〜

アーメッド・エル・ハジ・ベン・モハメッド・ハマジ著
大月美恵子訳・編集・脚注


第Ⅳ部 新生アルジェリアの教師として(1962年〜1981年)


第19章 国造りの苦しみ :1962年〜1973年頃(25〜36歳頃)

農業指導員から教師に

 1962年の10月は、アウレフの学校の男子学級と女子学級に着任するそれぞれの教師たちの到着と共に始まった。アウレフの郡長は、彼らの着任を承認する書類にサインした。この一事をもって、巷に流れていた、フランス式の学校が廃止されコーラン学校がそれにとって代わるという噂に終止符が打たれた。しかし、1962−1963年度(1962年9月〜1963年8月)は、混乱のうちに終わった。フランス人教師たちが帰国した後の空隙は中々埋まらなかったのだ。実際のところ、学校は全くの機能不全状態だった。こうした中、私のところに、今の仕事を辞めて、新生国家のため教職に就く気はないかとの打診があった。私は承諾し、採用試験を受けにエルゴレアへ行った。結果は合格だった。次に、ブゼリア(Bouzerriah)の師範学校に行き、授業の方法を覚えるため3か月の集中講座を受けることになった。
本編はPDFでお読み頂けます

 論文トップページへ戻る



第20章 沙漠の洪水(前編) :1965年(28歳)

概要

 1965年1月初旬、この世の終わりのような豪雨がアウレフを襲った。当地では水は極めて貴重で、我々は一滴一滴を大切に使って生きて来た。しかし、皮肉なことに、普段なら有難いことこの上ないはずのその水が、洪水となって我々を襲ってきたのだ。何年も干上がっていたウエッド(涸川)に水流が蘇り、濁流となって町まで押し寄せた。何百年来変わらず存在し続けて来た堅牢なフォガラでさえ、一部の壁が崩れ落ちてしまった。電話線が寸断され、近隣の町へ通じる道路も泥の中に埋まり、一時アウレフの町は外界から完全に孤立した。町の家々は、粘土を干し固めただけのレンガで出来ていたので、一つの例外もなく溶けて崩れた。住むところを失った人々は、ラジオ局、発電所、気象観測所、病院など数少ないコンクリート製の建物に難を逃れてひしめき合い、そこで何週間も非難生活を余儀なくされた。
本編はPDFでお読み頂けます

 論文トップページへ戻る



第21章 沙漠の洪水(後編) :1965年(28歳)

外部へ急を知らせる

 6日目か7日目頃になると、大地はまだ湿り気を帯びていたが、もう沼のような状態からは脱していた。道路もやっと通行可能となった。当地の事態危急の知らせは、東のインサラーからも西のレガンヌからも同時にアルジェへ発せられた。政府はようやく、千キロも彼方の沙漠の真ん中を洪水が襲ったことを知ったのだった。8日目の1月15日、我々はラジオで、アルジェの政府がアウレフを中心としたティディケルト地方に自然災害による非常事態宣言を発令したと聞いた。政府がやっと当地の事態を把握したのである。アウレフは災害指定地域となった。ラジオは、政府は閣僚の一人を、被害状況の確認のため現地に派遣するとも言っていた。
 この頃、当地の住民は皆ムスリムであるはずなのに、飢えのためか、コソ泥が横行するようになった。兵隊が町を巡回し、怪しい連中を見かけると銃を空に向けて撃って威嚇した。
本編はPDFでお読み頂けます

 論文トップページへ戻る